膣トレグッズ

セフレの人妻女性の膣の締りを良くしてみようという考えから使っている。人妻だから、出産を経験しており、膣が緩んでしまっていることもあり、膣トレグッズで膣の締りを良くしてみようとトライしてみた。膣トレーニンググッズは、トレーニングボールが1つのタイプ、ボールが2つのタイプがある。ボールが2つ付いているタイプをいきなり挿入すると窮屈感があるようだ。なので、最初はボールが1つのタイプを使ってる。

膣トレグッズは、トレーニングボールの中に更に鉄製のボールが入っており、トレーニングボール内で動く仕組みとなっており、コツコツと刺激を与えてくれる。その振動で膣トレグッズが抜けないように、膣を一生懸命締めるということで、膣トレになるということだ。

 

膣トレに使うよりプレイで使う方が楽しい

膣トレグッズを使ってみて気付いたのは、膣トレのために使うよりも、プレイに使った方が楽しいということだ。膣トレグッズを挿入したまま、外出してみたりというプレイには向いている。他の人が見ても、膣トレグッズを挿入しているなんてことは判りはしない。彼女と俺だけの秘密であり、俺たちだけが知っているという背徳で秘匿な感じが性欲をそそるという、少し高度なエロティシズムを感じる事ができる。

ラブホテルに連れていき、膣トレボールが2つ付いたタイプを挿入させて、産ませるというプレイも楽しい。産ませて、また挿入させるということを繰り返していくうちに、恥ずかしさで余計に感度アップするという羞恥プレイ。これは、なかなか楽しめる。女性ならではの出産、産むという行為を目の前で見られるというのは、本当に恥ずかしいだろうと思うが、俺としては綺麗だなと思った。

膣トレグッズは、膣トレをするためのグッズだけど、アイデア次第では、色々なプレイに使えるので、興味がある人は試してみて下さい。

 

膣トレグッズの種類

エッグ型、ひょうたん型などと呼ばれていますが、基本的に膣トレグッズは、ボールが1つのタイプか、トレーニングボールが2つ連なっているかのどちらか。

トレーニングボールが1つのタイプは、始めて膣トレをする女性に向いている。
トレーニングボールが2つのタイプは、慣れている女性、ボールが1つでは効き目が無かったという女性に向いている。

女性自身の体と相談することが大切。

 

膣トレしてもセックスで膣を締め付けられなければ意味ない

膣トレをして、膣圧を高めて、膣の締め付けを良くしても、実際のセックスで膣を締め付けることができなければ意味が無い。実際のところ、相手の男性にペニスを挿入されながら、膣を締め付けることができる女性っていうのは、少ないのではないだろうか。というよりも、ペニスを挿入された状態で、膣を締め付けることは難しいのではないだろうかと思う。だから、膣トレをしながらも、セックスで実践しながら、膣圧を確認しなければいけないと思う。せっかっく、膣トレーニングをしているのに、あまり成果が無いという女性は、膣圧が高くなって、膣の締りも良くなっているのだけど、実際のセックスで締め付けられてないだけかもしれない。この辺り、勘違いをすると、膣トレは意味が無いと思ってしまう。

膣圧を高める、膣の締め付けをよくするというのは、膣が細くなる訳じゃない。多少は膣が細くなる傾向にあると思うが、ある程度は、ペニスを受け入れることができる空間は確保されているはず。

つまるところ、実際にセックスをすることとも大切だと思うんだ。

 

オススメの膣トレグッズ

ピーエス ブイグローブ 1,490円(税込)

 

ゲイシャボール 670円(税込)

 

スワン クラッチ 13,824円(税込)