膣ナラは気持ちイイ証拠、感じてる証拠

膣ナラは、はっきりいって男の責任だと思います。男の挿入の仕方が下手クソだから膣に空気が入ってしまって、音が鳴ってしまうのですから。でも、恥ずかしがるのは女性だという理不尽さはなんとかしないといけませんね。膣ナラを経験したことのある男性、女性は多いのではないでしょうか。そんなことを言っているボクも経験したことがありますが。それも、何度でも。それも、何人の女性と・・・えっ?

 

膣ナラのメカニズム

とくに、女性にとっては大事なときに雰囲気が壊れるような、あの音は出したくないと思ったりなんかするのでしょうが、どうしても出でてしまいます。我慢しても出てしまう膣ナラの原因は膣に空気が入ってしまうから。そこに、チンチンを挿入するから空気が押し出されるような状態となって、膣で音が鳴るというメカニズムです。

実は膣への挿入の仕方が悪かったりすると、空気が入りやすくなってしまうことが多分にあります。空気が入らないようにすることは、難しいんじゃないのかなと思うこともあります。なぜならば、膣って収縮を繰り返すわけですから。受け入れ態勢が整えば自然と挿入しやすくなるというメカニズムですし。そして、自然と空気を吸うような動作をしていると思ったりすんですけどね。

それと、女性は本当に性的に感じると身体のチカラが抜けてしまって、穴という穴が開くというか、開きやすくなるというか、そういう傾向があるから。だから、膣ナラが鳴りやすくなってしまうということ。だから、膣が緩んでいるんじゃなくて、緩くなるということ。それが、正常なんですよね。

 

膣ナラは恥ずかしい

膣ナラが出ると、どうしても女性が恥ずかしがるんだけどさ、本当は男が恥ずかしがらないといけないんじゃないのかなと思ったりするんだけどね。男と女の身体は仕組みが違うから色々なことが起きるから。それが、楽しいんじゃないのかな。

膣ナラが出てしまったら・・・やっぱり無視するというか、聞こえなかったふりをするのかが男としては良いかもしれないね。反応してしまうと、相手の女性が恥ずかしがってしまうからね。膣ナラが聞こえても無視。これは鉄則ですね。

その前に膣ナラが出ないような挿入方法を工夫しなきゃね。

その他、関連記事

SM調教は苦しんでいるときが美しいというか興奮する... 人は苦しんでいるときが美しい・・・人は悩んでいるところが美しい・・・これは人間が生きていくうえでの原点みたいなものかもしれませんね。生きていれば、楽しいことばかりではありませんし、苦しいことばかりでも...
彼氏をS男へと育てる方法 彼氏をS男へと育てる方法 目次 彼氏がSっぽくないから退屈 彼氏をS男として目覚めさせる 潜在的なアピールをしてみる わざと露出度の高い服装にしてみる 思い切ってSMがしたいと言って...
美人過ぎて誰も寄り付かない女性 女友達にとんでもない美人が居るんだ。自慢とかじゃないんだけど。本当に美人なの。なんで、こんなところに居るの?って思うくらい美人なの。明らかに素人っぽくないというか、普通の女性じゃないだろうなという雰囲...
SM してみたいけど恋人に言えない SM してみたいけど恋人に言えない 目次 SM してみたいけど恋人に言えない そもそも、恋人に言えないことが問題 体の相性は大事 素質というのも必要? 男性は、もっと積極的に! 且つ...
デート代を払おうとする年下の女性はカワイイ... 年の差恋愛で彼氏が年上、彼女が年下という場合は、殆どの場合が年上彼氏がデート代を払うことが多いはずです。ただ、年下彼女としては、いつも彼にデート代を払ってもらってばかりでは悪いなという気持ちを持ってい...
優しくしてくる男には気をつけろ 優しくしてくる男には気をつけろというのは女性にとっては重要な事だと思う。ある程度の年齢を迎えた男のボクが言うのだから間違いない。 優しくしてくれる男には下心からがあるから?と思われるけど実は違う...
男は女性の脚が好き 女性の脚が好きだという男性は多いと思う。ボクも女性の脚は好きです。というよりも、大好きです。女性の脚というのは言葉では表現できない美しさがある。あまり太すぎる脚は良くないけど、細すぎる脚も良くない。バ...
会える時間が多い方が良いのだろうとは思うけどね... 恋人が出来るとやっぱり会える時間が多いほうが良いのだろうか・・・会える時間というか会う頻度とでもいうのか。誰でも恋人ができれば、いつも会いたいに決まってる。いつも会っていると飽きるという人もいるかもし...
PonyGirl(ポニーガル) BDSMの1に PonyGirl(ポニーガル)というのがあるんだ。女性を馬のように扱って、馬のように調教をしてしまうんだけどさ。騎馬民族である文化が大きく影響をしているBDSMのひとつだね。ということ...
Scroll Up