セックスでイカないけどオナニーだとイクという女

セックスだとイカないけど、オナニーだとイクという女性が居て、どうしたら良いのか?と相談を持ち込まれたけど、頑張れとしか言いようがない。そもそも、女性の場合というのは、挿入するとか、愛撫するとか、そういった身体的な接触よりも、空間とか環境が作用するんじゃないのかな。あとは、体勢というか姿勢とか。オナニーでイクということは、不感症ではないわけだから、悩むことは無いと思うけどな。



俺だって、セックスして、いつも射精するわけじゃないからな。射精せずに終わることだってあるよ。そーゆー男って意外に多いんじゃないかな。セックスして、彼女がイッタらおしまいという感じかな。あとから、射精させようと彼女が色々なことをしてくれるここともあるけど、無理して射精しなくても良いし。

今まで出会った女性の中で、セックスでイカないという女性は居たよ。慣れてくるとセックスでイクことができるようになるよ。それなりの時間は要するけど、色々なことをトライしてみてイクようになった女性は居るよ。その方法を思い出しながら、紹介をするので、参考にしてみくれ。といっても、別に俺はセックスに詳しい訳じゃないからな。相手の女性と試行錯誤して、頑張ったこと、実践したことを紹介するので、こういうことをやってる人も居るんだな~と参考になればと思う。

 

実は乱暴なのが好きだった女性

セックスでイカなかった女性の中で、もっとも記憶に残ってるのが、普通のセックスじゃなくて、乱暴なのが好きだという女性だ。乱暴というのが難しいんだよな。文字で表現するのが難しいんだけどさ、例えばさ、フェラチオとかするときも、普通に咥えてもらうのではなくて、髪の毛を鷲掴みにするとか、服を脱がす時も少し乱暴に雑に脱がしたりとか、ストッキングを破ったりとかね。無理やりされているというか、乱暴な扱いをされていることに興奮するらしく、それに気付かなくて、最初は普通にセックスしてたからな。

イカないということに気付いてから、乱暴なことをするようにしたら、感じるようになった。そう。それでも、感じるだけだったんだよな。



エッチではダメだけど、自分でするとオーガズムを感じられるという女性は多いみたいですね。つまり、男とのエッチではイケないけど、自分でオナニーをするイケるということですね。普通にエッチをしてイクことが出来る女性でも色々と条件付の場合がありますね。例えば脚を伸ばしておかないとイケないとか。

脚を伸ばさないとイケないというのは、お尻周り、股関節、骨盤周りの筋肉にチカラを入れるという意味があるのだろうと思います。そのチカラの入れ具合が気持ちの良いオーガズムを得られる条件になっているのでしょうね。

 

イカせてみようと思うオトコ

イクことが出来ない女性ならば、イカせてみようとか男性ならば考えるのだけど、それは浅はか過ぎる考えだったりもするので注意が必要ですね。イクことが出来ないのに挑戦をするというのは、無理強いにしかならないし、もう少し女性の身体的なメカニズムを知っておかないと、イカせようと思っても女性は痛がるだけかもしれませんからね。

 

イケない女性は居た?

ボクが今まで付き合っていた女性の中にも数人はイケないという女性が居たのを覚えている。共通しているのは、「イキそうにはなるんだけど途中でどっかにいっちゃう」という言葉。途中でどっかいってしまうんだ。というよりも、イクということを知らないから、本当はイケているのかもしれない。そして、その後に冷静になってみると、「どっかいっちゃった」という言葉になってしまうのだろうと思う。だから、オーガズムを迎えたけど、それを知覚していないだけかもしれないですね。

女性はその時の気持ちで身体にも様々な影響を及ぼすことがあるので、たまたま恥ずかしがっているだけかもしれないし、緊張しているだけかもしれないし、他事を考えてしまっているからなのかもしれないですね。つまりエッチに陶酔していないということが言えるのかもしれません。

何故、エッチに陶酔しないのか・・・それは女性としてオーガズムを感じることが出来ないから、エッチが退屈だと思っているかもしれないし、苦痛な行為だと思っているかもしれないからでしょうね。

ボクも以前の彼女とは色々なことに挑戦をしたことがあります。指で栗とリスを触ってオナニーをしていたという女性は、栗とリスに刺激を与えることでイクことが出来たし、自然と膣への挿入でイクことも出来るようになったという事例というか前例はあるけど。

慣れというものが必要なのかもしれない。

 

オーガズムを感じなくても気持ちよい?

オーガズムを感じなくても、気持ちが良いと感じているのであれば、その気持ちが良いと感じる行為を相手の男性・彼氏にしてもらうというのも良いと思う。ボクが以前、付き合っていた女性はいかないけど、気持ち良い、ということで気持ちが良いということをしてあげてた。

結果的には、いくことはできなかったけど、彼女曰く「大きい喘ぎ声が自然と出るから良いのかも」と言っていたので、いくことはできなかったとしても、それに近い快感は得られていたみたい。

少しづつ歩み寄って色々な方法をトライしてみるのも良いんだろうなと思う。