ランジェリー、セクシー下着でのセックス

普通のセックスに飽きてくると、トライしてみたくなるのがランジェリー、セクシー下着を女に着用してもらうという、プチコスプレみたいなセックスだ。俺が着用して欲しいと思うようなランジェリー、セクシー下着を素直に着てくれる彼女には感謝してるぜ。女が居ない男だったら風俗店でも行かなければ、体験できないようなことだからな。

俺が彼女に着させているランジェリー、セクシー下着を紹介しようと思う。

 

ボディーストッキング

ボディーストッキングは見た目がエロい。これだけでも十分にエロい。女の脚が好きだという脚フェチの場合は、実はパンストやストッキングの光沢さが良いというヤツも多い。それが全身というのがボディーストッキングだ。少々、非現実的なコスチュームだから、彼女も実は喜んだりなんかしてしまうこともある。

特に黒色のボディーストッキングは、少しだけ肌が透けている感じが、なんとも言えないエロさが漂ってくる。それは、スタイルが良いとかではなくて、黒色ストッキングが良いということになってしまうのだが。

俺は、ボディーストッキングは殆ど使い捨てだと思っている。使っても、2回か3回くらいだ。理由としては、セックスするために女にボディーストッキングを着てもらう訳だから、ヒートアップしてボディーストッキングを破いてしまうこともあるし、汚れてしまうこともあるからな。もともと、ボディーストッキングの価格は安いから、最初から複数着購入しておいても良いだろう。俺は、そうしている。

 

ボディーストッキングのエロい使い方

ボディーストッキングのエロい使い方があるから、併せて紹介しておこうと思う。私服の下にボディーストッキングを女に着てもらうんだ。なかなか、エロくて良いぞ。ノーパン、ノーブラの裸体の上にボディーストッキングを着てもらうんだ。そして、ブラウスとか、ワンピースを着てもらう。すると、ボディーストッキングを着用しているというのは、意外にも判らないものだ。そして、ラブホへ行って、ソッコーではめるという感じだ。

 

ガーターストッキング

ガーターベルトも良いが、あれを着用されると、色々なことができないし、脱がすのも大変だし、デリケートに扱わないといけないから、セクシーだけど、セックス現場では求めてはいけない。俺が良いなと思うのは、ガーターストッキングだ。ストッパー的なゴムを取り付けられており、太もも辺りまでの長さのタイプだ。これは、使いやすい。ガーターベルトが無いから、秘部を触ることもできるし、脱がしやすい。

 

ラブホでレンタルできるコスチューム

ラブホとかに行けば、コスチュームが無料でレンタルできたりするが、俺はあまり好きじゃない。だって、他のヤツが着たんだろ? もちろん、クリーニングしてあるとは思うんだが、なんとなく嫌だ。本当にクリーニングされているかどうかも判らないからな。そんなコスチュームを自分の女に着させられるか? 俺はごめんだぜ。コスチュームなんて数千円で売ってるんだから、そんなの買った方が良い。

関連記事
ボディストッキングの紹介ページ