デート代は彼氏が払うのが当たり前?

彼女が年下、自分の方が年上・・・だからかもしれないけど、デート代は全部ボクが払ってますね。食事もホテルも映画も車のガソリン代も高速道路で移動するときはETCがあるからいいけど。さすがに買い物の時は自分で支払ってもらってるけど・・・たまに服とかはボクが払ってることもあるかな。

デート代全部払うのが嫌かどうか?
別に当たり前のことだと思うし、嫌だと思ったことは無い。

だけど、彼女の場合はいつも奢ってくれて申し訳ないとか、そういった感謝の気持ちみたいなのをボクに伝えてくれているから、デート代を全て支払うのが嫌だと感じないのかもしれない。

別に彼女に貢いでるという感覚でもない。自分がデートに誘ったりすることが多いから、自分が払っているという感じかな。

あとは、お金の使い方として、デート代でお金を使うのは、良いお金の使い方だと思ってる。自分のことを好きでいてくれる相手の女性と過ごす時間、空間を存分に楽しむためにお金を使うわけだから、活きたお金の使い方だと思ってる。

お金を使いすぎたら、休まず眠らず仕事して、ガッツリ稼げば良いだけでしょ。お金って天下の周りものと言われてるから、ケチってお金を出さなかったりすると、自分の懐にもお金が入り難くなるんじゃないのかなという、自己流哲学を持っていたりするので、とりあえず働く。仕事する。人よりも100倍働くことは・・・体調崩しそうだから無理だけど、一生懸命努力すれば、お金はついてくる。

お金とは別の話になるけど、何事にも一生懸命に取り組んでいれば、全て思い通りにいくはず。何事も一生懸命に取り組むという姿勢が大切なんだと思う。恋愛も仕事もゴルフも・・・何もかも。

真剣に恋愛して、真剣にデートに行きたいと思えば、デートの段取りだって考えるだろうし、デート代をケチることなんて無いはず。だって、真剣にデートを楽しみたいと思っているのだから、事前情報を入手したり、色々とデートプランを考えるはず。真剣であればね。

時々、温泉旅行とか行く時があるんだけど。彼女は、そういったときにいつもデート代払ってくれてるから、旅行代は全部わたしが出すというような心遣いをしてくれることもあるけどね。

デート代はケチってはいけないと思う。だけど、無理に贅沢にする必要は無いと思う。二人が共有する時間、過ごす時間の中で必要な分だけのデート代で済ませるということが大切だと思う。

その他、関連記事

仕事が忙しくて会えない、でも逢う時間を作ることの大切さ... 仕事が忙しくて、お互いのタイミングが合わなくて、なかなかデートができないこともある。会えないときというのは、寂しくなるものだ。会えなくて、寂しくなると、いろいろと気持ちや心が変化してくることもある。 ...
ネクタイフェチの女性 ネクタイフェチの女性って多いんじゃないのかなと思ったりすることがある。以前、付き合っていた女性がネクタイフェチでした。ネクタイが好きとかネクタイを着用している姿が好きだという訳ではなくて、男性がネクタ...
自分の性癖の難しさ つくづく、自分の性癖の難しさを感じるんだよね。 ボクは相手の女性には美しくいてほしいの。見た目の美しさというか、女性としての性的な美しさを保っていて欲しいと思うんだよね。それは、女性特有の身体の...
服装は大切なのか 彼女とデートをするときに服装を気にするかどうか。 やっぱり服装は気にする。 というよりも気に掛けている。 というよりも、それなりにお洒落さんにしている。 自分では、お洒落さんだ...
デート代を払おうとする年下の女性はカワイイ... 年の差恋愛で彼氏が年上、彼女が年下という場合は、殆どの場合が年上彼氏がデート代を払うことが多いはずです。ただ、年下彼女としては、いつも彼にデート代を払ってもらってばかりでは悪いなという気持ちを持ってい...
年齢差のある恋愛は楽しい 年齢差のある恋愛というのは、楽しいと感じる面もあるし、新鮮だと思うこともあるし、自分の年齢から20歳以上も年下の女性を手に入れることが出来たという喜びもあったり。でも、冷静に考えると自分の年齢から20...
女性にモテない男はココを治せ 女性にモテない男というのは、やっぱり多いのかな。ボクの後輩とかも全く彼女が居なくて、毎晩のようにコンパをしているみたいだけど、全然彼女ができないみたいなんだよね。   モテない男...
年下の彼女から学ぶこと 枯れ男の定義は、少し曖昧な感じがする 枯れ男とは枯れている男のことなので、きっと年齢的には60歳以上の男性を指すのではないかと思う。ボクは、かろうじて40歳代。40歳代でも枯れているのだろうか?...
膣ナラは気持ちイイ証拠、感じてる証拠... 膣ナラは、はっきりいって男の責任だと思います。男の挿入の仕方が下手クソだから膣に空気が入ってしまって、音が鳴ってしまうのですから。でも、恥ずかしがるのは女性だという理不尽さはなんとかしないといけません...
Scroll Up