アダルトグッズ使うには愛と信頼が必要

俺が彼女にアダルトグッズを使ったり、SMな行為して、相手の女性を支配して、凌辱しているということを自慢してるわけではない。アダルトグッズを使うにも、SMな行為をするにも、もっとも大切なことは愛情と信頼だ。これが無ければ何もできないと思う。愛があるからこそ、信頼があるからこそ、マイノリティな性行為ができるのだと考えている。

冷静に考えてみたら簡単。

信頼できない男に縛られたりなんかしたら大変だ。何をされるのか判らない。お互いの信頼があるからこそ、相手の女性は縛られたり、拘束されて自由を奪われても良いと考えるはず。暗黙の了解みたいなものがあり、超えてはいけない境界線があり、そのラインを越えてこないということを相手の女性は本能的に理解しているからだ。

また、相手の女性を拘束したり、凌辱したり、ときには苦しみ、痛みを与えることもあるが、これは愛情表現のひとつであるということを理解してくれている。超えてはいけない境界線のことを、お互いが知っているからであり、お互いのことを愛しているからできる行為だ。

時々、局部に近い内側の太ももに噛み付いて、俺の歯型をつけてやることがある。歯型が青あざとして、太ももに残る。となると、他の男とはセックスができないであろうし、他の男には見せられない。それは、俺の女である証みたいなもの。太ももに歯型の痣を残すことに悪意は無いし、愛情表現であるということを相手の女性は理解しているからだ。

また、相手の女性が太ももにつけられた歯型の痣が痛い。でも、心地よい痛みだよと言っていたけど、その言葉を聞いて、余計に愛おしい気持ちが増幅した。

ただ、セックスやSM行為をするだけではなく、本当に必要としているし、大切に想っている。この気持ちがあるからこそ、目に見えない赤い糸みたいなもので繋がっている感じがする。それが、愛情とか、信頼という言葉に置き換えて表現することができる。

相手の女性を好き勝手に、自由にしている訳ではないということ。愛情があり、信頼があり、お互いのことを尊重しているから成り立っていると言える。