アダルトグッズ類のメンテナンス

アダルトグッズというのは、使用した後のメンテナンス、保管方法が大切です。アダルトグッズの多くが、素材のシリコンゴムなどを使用していることから、高温・多湿を避けるようにすると良いです。

アダルトグッズの保管方法、メンテナンス方法を紹介します。

 

SM用のロープ、縄

SM用のロープ、縄などは使用した後は干すと良いです。干すことで乾燥させて、余分な水分や汗を蒸発させます。縄などは、汗などを吸い取ってしまい、カビが発生する原因となりますので、注意して下さい。

麻縄の場合は、蜜蝋クリーム、馬油などを塗って毛羽立ちを抑えたりというメンテナンスが必要となります。

臭いが気になる人は、洗ったりする人も居ます。最近では、ファブリーズなどを使う人も居るようです。




 

革の拘束具

革製品の拘束具などは、陰干しをします。そして、革製品用のカビ予防クリームなどを塗っておくと良いです。
革製品というのは、意外とカビが発生しやすいので注意必要です。

革の拘束具で、相手の女性を拘束するぞ!と思ったら、カビだらけだったら、最悪です。

 

バイブ、ローターなど

バイブ、ローターなどは、モーターで動きアイテムです。ですから、使わないときは電池を抜いておくことが必要です。電池を入れたままにしておくと、電池内部のアルカリ液が垂れ流しとなってしまい、バイブやローターの故障の原因となってしまいます。バイブ、ローターなどの場合、電池と取り外して、水洗いをすると良いです。最近のアダルトグッズの多くは、水洗いできるようになていますので、汚れを水で洗い流して、水気を切って、陰干しをしておくと良いです。

バイブ、ローター、アナル関連などは女性の体内にいれるわけだから清潔にしておくことが望ましいです。というよりも、清潔にしておくべきです。

 

アダルトグッズのメンテナスは必須

ロープ、縄を洗濯して干すこと。抗菌、除菌をすること。とくにバイブやローターはしっかりと洗浄して除菌をし、内部の器機、モーターが破損していないか、錆びていないかなども確認をすること。SM的な行為だけではなく、アダルトグッズなどを使う場合には、そのグッズのメンテナンスや除菌、洗浄などがとても大切であり、けっこうそれが大変だったりするし、気を使わなければいけないところです。




女性の体内に挿入したり、触れたりするものを清潔しておくこと

つまり、自分の身体は勿論のこと、女性の体内に挿入したり、触れたりするものを清潔しておくことは、SMのSとしての大切な役割だとおもう。衛生管理が出来てこそ、相手の女性も信頼して、安心して身体を預けることが出来ると思う。

だって、自分が使う歯ブラシとか髭剃りとかだって、綺麗に洗浄するだろうし、ある程度消耗したら買い換えたりするもんね。アダルトグッズも同じだと思う。でも、清潔感というのは、個人差があると思うんだよね。自分では綺麗にしている清潔さを保っていると思っていても、他人からみたら汚いと思われることもあるし、もっと綺麗にする方法があるのではと言われてしまうこともある。

本当の清潔感、清潔さを保つということを追求してみるのも大切です。